人気ページ
Amazon
広告

内田理央 「海月姫」オタク役が「原作通り!」「振り切っている!」と話題に!!

20:52:00 | 内田理央 | コメント:0件




1月15日にスタートした新月9ドラマ「海月姫」(フジテレビ系)で、“尼~ず”のメンバーで三国志オタクのまやや役として出演した女優・内田理央さん(26歳)の演技が、「振り切りすぎている!」「マンガ通りすぎる!」と話題を呼んでいる。



ドラマ「海月姫」とはマンガ誌「Kiss」(講談社)で2008年から17年8月まで連載された東村アキコさんの同名人気マンガが原作。「男を必要としない人生」をモットーに掲げる“オタク女子”が集う共同アパート「天水館」を舞台に、主演の芳根京子さん演じる主人公の月海(クラゲオタク女子)や自らを「尼~ず」と称するオタク女子たちの姿を描いている。



個性溢れるメンバーの中でもひと際目立つのが、女優の内田理央が演じる三国志オタクの“まやや”。
DnBnP78kD9FxnQc0FJ8eNkBk1h3ZUb5Jt0Cb9qU6eznD2INzfFcfk9VJwAgA9WkI.jpg
『海月姫』で三国志オタク“まやや”役を演じる内田理央(c)フジテレビ



内田さんは「びっくりしました!海月姫の尼~ずのメンバーの中でも、テンションが一番高くて引っ張っていくようなキャラクターで、なおかつ、ビジュアルも長身で切れ長の目という役柄だったので、まさか自分がこの役を演じられるとは思いませんでした。振り切った役柄は初めてだったので、やりがいがあると思って嬉しかったです!」と驚きながらも喜びを語った。



1話放送終了後には、顔半分が隠れているルックスに加え、いきなり奇声をあげ、ポーズをとるなど、体当たりでオタクキャラを好演する姿が「振り切っている!」と話題になり、SNSやネット上で「え、赤ジャージってだーりお!?」「まややが原作通りすぎるww」「だーりおが最高に面白い」「まやや、だーりおだったのかよ!一番マンガ通りだった気がする。ヲタク演技上手いな」「だーりお出ないじゃんって思ってたけど、もしかして上下ジャージの三国志ヲタ役なのか?」などの声が上がっている。



内田さん本人も「自分も中・高校生のときは、マンガやアニメに没頭していて、ジャージ姿で家でマンガを読んでいたオタクの時期があったので、共感する部分はあります」とコメント。

そう、内田さんは趣味が漫画、アニメ、イラスト、ゲーム、カラオケであり、小学生のころから「ちゃお」読者ページのイラストはがき職人だったと言うほどオタク気質な部分があるようです。



月9初出演について、「月9はどこか特別なイメーシがあるので、出演できるのがとっても嬉しいです。私も尼寺を一歩踏み出した人間なので、オタクという部分や、オシャレやファッションのパワーを感じている部分など、共感できる部分も多く、やりがいも感じていますし、気合いか入っています!」と意気込みを語った。



#(ハッシュタグ)で家族の反応を教えてくれました。

それでは今後もドラマ「海月姫」を楽しみなが視聴していきたいと思います。



↓記事が良かったらポチっと応援として押してくださると嬉しいです↓


にほんブログ村 芸能ブログ 芸能画像紹介へ


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する